luwak coffee コピルアクは世界一高価な幻のアラミドコーヒー

コーヒー道は途方もなく果てしない
執筆者
この記事を書いた人
インテリ嫁
インテリ嫁をフォローする
「スポンサードリンク」

images (5)

 

今日は幻の世界一高価なちょっと変わったコーヒーをご紹介しましょう。

その名も うんちコーヒー・・・・いえ、

通常は 「luwak coffee ルアクコーヒー」 とか 「Kopi luwak コピルアク」、「ジャコウネコ コーヒー」などと呼ばれているコーヒーで、

 

コーヒー1杯当たり300円〜800円もするんだとか。

 

なぜ、こんなに高価なのかというと、

じつはこれジャコウネコの糞なんです。

 

ジャコウネコがコーヒーの実を食べ、それが腸内細菌に発酵され、それが豆に独特の香りが付きます。

 

ですから、生産力は著しく低く稀少となっているのです。

 

ただ、最近では、ジャコウネコにエサとして豆を与え、少しずつ生産量が増えていってるそうですが。

images (6)

 

香水に詳しい方はご存知かもしれませんが、

ジャコウネコからとれる分泌物、霊猫香(れいびょうこう)はつけた香水の香りを長持ちさせる効果や花の香りをより花らしくさせる効果があるため、香水に少し使われます。

ちなみにシャネルの香水にも一部、使われています。

 

「そうは言ってもうんちなんでしょ?」と思われるかもしれませんが、

「スポンサードリンク」

コーヒーでございます。

うんち扱いは禁物(笑)

とはいってもこのコーヒー、1995年にイグノーベル栄養学賞を授与されております。

(イグノーベルは「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞)

 

 

 

希少性やメディアの情報など抜きにして純粋にコーヒーだけの美味しさで評価するのなら、

ジャコウネコ

 

普通にあっさり美味しくフルーティなコーヒーだと聞いております・・・。

(コーヒー好きなら一生に一度だけ飲んでみたい?)

 

ちなみにこのアラミド珈琲は

【こちら】

でご購入出来ますが、50gあたり12800円!!(4〜7杯分)

ととても高価。

どうやら、JAL日本航空のファーストクラスで出ししていたものと同じ商品なんだそうです。

 

 

 

なお、コピ ルアクの飲み方ですが、普通のコーヒーと同じように豆を挽いてドリップして飲んで下さいね。

 

 

「スポンサードリンク」

コメント