宮崎県有数の渓流、名貫川で息子が初釣りでヤマメをゲット!ポイントもご紹介!

アウトドアのススメ
執筆者
この記事を書いた人
ターザン夫
ターザン夫をフォローする
「スポンサードリンク」

連日続く梅雨の隙間を狙って今日は息子を連れ名貫川へ。

で、息子はじつは今日が初めての釣りでして、この日のために前日になるべく正確な位置にルアーをキャストできる様に1日掛けて練習させました。

でないと木の枝に引っ掛けたり岩に引っ掛けたりでヤマメが釣れるうんぬん以前に釣りができるかどうか?の問題になってくるだろうと考えたわけです。

そうすると「もう行きたくない」となってしまうかもしれない。

名貫川のヤマメが釣れるポイント

今日は早朝からヤマメ釣りに行けるよう、わざわざ前日に宮崎市から都農町の「釣り具10号線」まで足を運び「遊漁券」を2枚手に入れてきました。

本当は遊漁券は当日分しか購入できないんだけど、「どうしても明日の朝早く行きたいから」と日付を今日(6月16日)にしてもらいました。

 

朝6時に宮崎市を出て7時半ごろにポイントに到着。

名貫川の上流は3つに分かれるんだけど、一番釣りやすい川は真ん中のピンがある「尾鈴キャンプ場」や「次郎四郎滝」がある支流。

もちろん白滝や紅葉の滝がある南側の支流や矢研ぎの滝の支流でも釣れるけど、子連れで行くのは少々無理がある。

白滝や紅葉の滝がある支流はこの時期だと(6月16日)かなり上流まで行かないと釣れないし、矢研の滝の方は尾鈴キャンプ場から一度下ってから登らないといけないので、これまた子連れではきつい。

前回、前々回よく釣れた次郎四郎の滝200m下流からスタート!

今回は「子供が飽きだす前に早く釣らせてヤマメ釣りにハマらせたい」という考えもあり、上のマップのピンマークがある次郎四郎滝から200mほど手前から釣りをスタート。

ここは前回が4匹、前々回が6匹を1時間足らずで釣れた割と好成績のポイント。

「流心を狙ってルアーを投げてみ」と息子に伝えたが、ルアーが飛んでいったのは岩の方w

さあ、いよいよ釣り開始!

ここはいかにもヤマメが居そうなポイントだから筆者は釣りたいのを我慢して息子にキャストさせた。

「あそこに白くなっている流心があるだろ?そこの脇に緩やかな流れがあるのが分かるかな?そこにルアーを投げるんだ」

「わかった!」

おお返事良いな、やる気十分じゃん・・・ってどこ投げてんの・・・。

実釣でのキャストが練習のようにはなかなか上手くいかないようだ。

まあ、でも初めての釣りが難度の高いヤマメ釣りではしょうがない。ルアー5つぐらい失うのは覚悟しとこう・・・。

3投目ようやく流心付近にキャスト!

が、なぜかリールを巻き始めずただ立ち尽くす息子w

ん?そうか!投げた後、リールを巻くのを教えてなかった!

「投げた後はリール巻いて魚が泳いでいる様に見せなきゃ釣れないぞ」

巻き始めた息子。がしかし案の定、ルアーもラインも流され岩にあちこち引っかかりどうにも取れなくなった。

「スポンサードリンク」

しゃ〜ない。ここのポイントでヤマメが釣れなくなるのを覚悟で、ラインを手繰りながら水中へ手を伸ばしルアーを回収した。

 

この調子じゃあ1日釣りにならないかもしれない・・・そう覚悟を決め次のポイントへ移った。

途中、ヤマメがルアーを追って来るのを何箇所か確認したが、結局、何も釣れないまま次郎四郎の滝まで辿り着いた。

だって息子が毎回、ルアーをキャストしてから糸を張り出すまでに時間がかかり、岩に引っ掛けてはルアーを取りに行くもんだから、ポイントを荒らしに回っているだけなんだもん・・・とほほ・・・。

いつもなら1時間で釣り終わるポイントなんだけどなんやかんやで2時間もかかってしまった。

一度、尾鈴キャンプ場まで下りそこから開始。今度は親父も参戦

このままでは、手ぶらで帰ることになってしまうのでキャンプ場からは筆者も参戦することに。

実際にどうやってヤマメを釣るのか?を一部始終見せたいというのも理由だ。

次はキャンプ場の下流から攻める

キャンプ場へ着き、一度、そこから300〜400mぐらい下る。

だいたい矢研ぎの滝支流の合流地点付近から開始。

さすがはオヤジ!速攻で2匹のヤマメを釣り上げる

この地点で2匹のヤマメゲット

早速、筆者自らロッドを手にし、お手本を示した。

で、速攻で2匹、息子の目の前で釣り上げました(内心かなりホッとした〜)

「おお、めちゃくちゃ綺麗な魚〜!これがヤマメか〜」

息子が実際に釣れたヤマメを見て再びやる気が出たようだ。

また実際に筆者が釣って、「どれだけ正確に狭いポイントに入れることが重要か」、「どうやってすぐに糸を張って魚にアピールするのか」が良く分かったようです。

ついに息子が今日最大のヤマメを釣りあげた!

ようやく24cmほどのヤマメが釣れた

そして、もっとも広く釣れやすい場所に辿り着き、そこで息子にキャストさせてみた。

筆者はどうせ釣れないだろうと他の場所を模索していたところ、「釣れた!」の叫び声が!

行ってみると今日一番の大きなヤマメを釣り上げてめっちゃ興奮してる息子。

これだけは絶対にバラしちゃいかんと慎重にタモにすくった。

「おお!すごっ!でか!ついにやったな〜」

気分は最高潮!初めて釣りをしてヤマメを釣り上げたのだ。上出来〜。

その後なんだかんだで合わせて6匹のヤマメを釣りました

名貫川キャンプ場付近で釣れたヤマメ

その後、筆者が1人でダム近くまで行き3匹釣り上げ計6匹となりました。

今回はゲームばかりの息子も「また行きたい!」と流石にハマってくれたよう。

よかったよかった。

 

「スポンサードリンク」

コメント