石膏ボードなどの壁に穴を開けずにフックや棚を設置し収納を確保!TVで話題の壁美人

生活お役立ち商品レビュー
執筆者
この記事を書いた人
インテリ嫁
インテリ嫁をフォローする
「スポンサードリンク」

エジソン顔負け?壁に穴を開けない話題のフック、壁美人が便利すぎ!

壁に棚や時計、テレビなどを設置するときにフックなどを使うとかなり穴が目立ってしまいますよね?

また、私の住むマンションは壁が石膏ボードですし、しかも裏側に梁が無くビス、ネジなども使えず、収納棚の確保が困難でした。

こんな時に役立つのがテレビで放送された「壁美人」というホッチキスで止めるメガヒット商品のフックなのです。

↓↓↓

これが壁美人

たったこれだけのフックなのに1フックあたり5kgの荷重に耐えられるそうです。

(壁美人は用途によって1~24kgまで色々あります)

ホッチキスで金具を止めるので壁にほとんど目立たない穴を開けるだけで済んでしまいます。

この壁美人。今では(2018年4月時点)メルカリなどで倍額で売れてしまうほどの人気!

 

この壁美人は壁に目立つような穴を開けることなく棚の設置が可能!

私の住むマンションは収納スペースが少ないのでこういう風に収納できればかなりオシャレに収納できるかも。

ちょっとしたアクセントにも

でも壁美人を使ってこんな感じに仕上げたいときは専用のマホガニー棚を買う必要があるみたいです。

この壁美人専用のマホガニー棚板はこちらのゴッドハンド(楽天)で購入できるようです。

 

また私の地元のニトリやハンズマンというホームセンターでは1〜6kgの3種類の壁美人が販売されていました。

 

専用の壁美人を使えば穴を開けずにギターだって収納できる

こんな風にサーフボードだって・・・?!

テレビを壁に設置したい場合はちょっと特殊な壁美人が必要。規格も注意

この壁美人はテレビ設置用のものもあるんですが、設置出来るテレビの規格が決まっているようです。

設置出来るテレビの規格:

  • 32型~52型で、テレビ本体重量25kg以下
  • VESA規格(テレビ裏面の取付ネジ穴の間隔)の100mm、200mm、300mm、400mm対応

この2つの条件を満たさないと無理のようです。

VESA規格って何?:

VESAとは、「Video Electronics Standards Association」の略で、パソコン用グラフィック関連機器(ディスプレイなど)の規格標準化を目的とした組織です。 現在は主に、液晶やグラフィックインターフェイスに関する業界基準を提供しています。

VESA規格では液晶モニターを、アームやスタンドに取り付ける際の寸法についての国際規格を定めており、当社のフラットディスプレイ用シリーズもこの規格に準拠したモニターを取付けることが出来ます。(VESA規格の取り付け寸法でないモニターもあります。)

ホッチキスで簡単に設置出来る!

ホッチキスで止めるだけなのに耐荷重は1フック当たり2kg~24kg

壁美人と一口に言っても用途別に色々なフックがあるみたい。

「スポンサードリンク」

コチラが耐荷重2kgの壁美人

コチラが耐荷重5kg(壁掛け時計用)

コチラが耐荷重24kg

テレビ掛け用

壁美人の棚の取付方は楽天で詳しく解説されています

壁美人と専用のマホガニー棚の設置方法はこちらのゴッドハンド(楽天)で詳しく紹介されていましたよ~。

ちなみに私が壁美人を買ってみたところ、

夫はPCの前にでっかいコルクボードを設置してメモ用紙をペタペタ張っておりました。

 

ホッチキスの購入時に注意したいこと

壁美人を使ってみて「これは注意が必要だな」と感じたことがいくつかありますのでここに記載しておきます。

壁美人の方は全く何の問題もないのですが、ホッチキスの種類によっては苦戦してしまうかもしれません。

壁美人はこんな風に180度開くホッチキスを使います

壁美人はホッチキスで止めていくのですが、もちろん180度開くホッチキスじゃないと止めることは出来ません。

 

壁美人に使うホッチキスは左側のホッチキスのように先端が狭く真っ直ぐに差し込める方を使う

次に注意したいことはホッチキスの針が出てくる先端の形状です。

上の写真をよ〜く見てみると左側のホッチキスの先端は平らで、右側の方は先端が膨らんでいるのが確認できるでしょうか?

耐荷重5kg以上の壁美人はポリエチレン製の板にホッチキスを挿して止めることになるので、

  • 右側のホッチキスのように先端が膨らんだ形状のものを使うと、ホッチキスの針がゆるゆるに遊び、真っ直ぐ刺せないので針が反れてしまい何回も失敗してしまいます。
  • 左側のホッチキスは先端の形状が狭く、針が真っ直ぐさせるのでほとんど失敗することなく綺麗に刺すことができました。

ちなみに上の写真のホッチキスは2つとも100均で購入したもの。

同じ100円でもこの点に違いもあるのでよく確認して購入してくださいね。

 

「スポンサードリンク」

コメント