赤ちゃんから子供の年中行事と風習パーフェクトガイド

帯祝いって戌の日のいつ行えば良いの?

更新日:

そもそも帯祝いって何をするための行事なの?

妊娠が安定する5カ月に入った戌の日に行う行事です。

妊娠を改めて喜び、出産の無事を願い家族で祝います。

 

「岩田帯」といわれる腹帯を巻く「着帯の儀式」がメインの儀式で、

神社に安定祈願のお参りをしたり、身内で祝い膳を囲んだりもします。

 

帯祝いを戌の日に行なうのはなぜなの?

犬は多産でお産が軽いことからそれにあやかるように、と言われています。

現在では妊婦さんの体調を一番に考えることが大切とされているので、

とくに戌の日にこだわる必要はありませんよ。

 

戌の日だけじゃなく酉(とり)の日や子(ね)の日に行う地方もありますから、

妊婦さんの体調に合わせて行うと良いと思います。

 

戌の日っていつなの?

「スポンサードリンク」

年ごとに十二支が当てられているように、日にも十二支が当てられていますので、月に2~3回、戌の日が回ってきます。カレンダーに記してある場合もあるんですが、コチラの水天宮のホームページのカレンダーでも戌の日が分かりますよ。

 

神社での安産祈願を行う

 帯祝いに合わせ、産土神(すぶすながみ)、

鬼子母神、子安観音などの安産の神様に安産祈願のお参りをしましょう。

お祓いを済ませた後の岩田帯が用意してある神社や持参した帯にお祓いをしてくれる神社もあります。

 

岩田帯はどこで手に入る?

岩田帯はデパートや赤ちゃんグッズを扱う店、安産祈願で有名な神社、

ネットでの購入もできます。

デパートで買ったものをお祓いしてもらい、安産のお守りも添えて送ると喜ばれるかもしれませんね。

 

 

「スポンサードリンク」







-赤ちゃんから子供の年中行事と風習パーフェクトガイド
-, ,

Copyright© ひなたbokko , 2017 All Rights Reserved.