年中行事しきたりとマナー

お中元の時期はいつまで?遅れたらどうする?誰に贈る?

投稿日:

お中元を贈る時期は、

そもそも「中元」とは7月15日のこと。

  • 旧暦1月15日を「上元」
  • 7月15日を「中元」
  • 10月15日を「下元」

この三元を祝う中国の習慣が日本に伝わり、

お盆の習慣と合わさって、ご先祖様への供養の意味も込めて品物を贈り合ったのがお中元の始まりです。

現在のようにお世話になった人へ贈るようになったのは明治時代。

 

お中元を贈る時期はいつまで?暑中見舞いとは違うので注意して

「お中元」を贈る時期は7月初め〜15日頃までに届くように贈ります。

表書きはもちろん「お中元」となります。

でも、

7月15日を過ぎた場合は「暑中見舞い」「暑中御見舞」、

目上の人には「暑中御伺」とし、

 

8月8日頃の立秋を過ぎたら「残暑御見舞」「残暑見舞い」、目上の人には「残暑御伺」、

と表書きをします。

 

つまり、お中元が遅れたら表書きを変更するだけなんですね。

7月上旬〜7月15日頃

のし

 

 

7月16日頃〜8月7日頃

暑中見舞い

「スポンサードリンク」

8月8日頃〜9月7日頃

残暑見舞い

なお、お中元を贈る際、

関西など月遅れの盆の習わしの地域には7月中旬から8月15日までに届くように手配しますが、

その地域の習わしが分からないときは7月15日ぐらいに届くようにすれば、大抵の地域では適切ではないかと思います。

 

 

お中元は誰に贈れば良いの?

お中元は、日頃お世話になっている親戚や兄弟、

職場関係の人、御稽古ごと関係の人やかかりつけの医師など、

感謝やお礼の気持ちを込めて贈ります。

 

目下の人から目上の人に贈るのが基本です。

 

その他注意したいこと

  • 品物を選ぶときは、前年より明らかに見劣りするものは避けた方が良い
  • 魚や肉などの生ぐさ物や酒を贈る場合は、のしがもともとあわびをのばした生ぐさ物なので重なることを嫌ってのしをつけず、のしなしの「かけ紙」をかけて贈るのがマナーです。
  • 品物を贈りっぱなしにするのは失礼です。必ず季節の挨拶をかねて品物を贈ったことを知らせる送り状を先に送ります。電話やメールで送ったことを伝えるのも良いでしょう。
「スポンサードリンク」







-年中行事しきたりとマナー
-,

Copyright© ひなたbokko , 2017 All Rights Reserved.