赤ちゃんと離乳食のすすめ

卒乳時期平均はいつごろ?皆のスムーズ断乳方法|ママのエゴで辞めさせても大丈夫

更新日:

みんなの卒乳時期は大幅に違う

 

赤ちゃんが1才前後にもなると

そろそろ卒乳しようかな?とママが意識する頃ですね。

出来れば、赤ちゃんに無理せず、自然にやめれたら・・・とお考えでしょう?

 

 

そうなったら、”赤ちゃんの卒乳時期っていつ頃なのか”も気になるところですよね。

 

そこで、まず、先輩ママの卒乳時期について触れてみました。

 

 

卒乳時期の平均は1歳5ヶ月だけど大きく大きく偏っている

先輩ママの”卒乳時期平均”は1才5ヶ月頃

 

でも、実際には 卒乳時期は大きく偏っていて

 

  • 約60%以上のママが ”生後11ヶ月目〜1才2ヶ月の時期内に卒乳をしています。

 

  • 約30%ほどのママが1才3ヶ月〜1才11ヶ月。

 

  • 10%のママが2才〜4才頃まで授乳しております。

 

 

つまり、卒乳時期平均1才5ヶ月という数値はほとんどあてにできる数値ではないということが分かります。

 

 

 

医学的な卒乳時期はいつ?

卒乳し始める時期は赤ちゃんから次の3つのサインがそろったときが良いでしょう。

 

赤ちゃんからの3つのサイン:

  • 1日3回離乳食を食べる
  • コップやマグで母乳以外の水分をごくごく飲めるようになる。
  • 健康的な色のうんちが出る

 

これら3つのサインが確かめられたら

栄養的にも腸内細菌のバランス的にも

離乳食のみで十分賄えるので卒乳の始め時です。

 

ただ、これらサインが見られたからといって

卒乳を急ぐ必要はありません。

 

急ぐ必要はありませんが、

1才を過ぎたら

「いつでもどこでもないたら、おっぱいをあげる」

といったことはなるべくならやめた方が卒乳がスムーズにいきやすいようです。

 

また、2才前後頃になると、精神的に依存しやすいようで、

なかなか卒乳が難しくなってくるといった傾向があります。(私の次女がこれでした)

もちろんママがそれでも与えてあげたいというのなら与えても良いと思いますよ。

おっぱいは栄養だけじゃなくスキンシップや絆づくりの役割も果たしていますしね。

 

 

卒乳、断乳を導いた方法|私はこれでスムーズに卒乳できました

さて、ここからは

卒乳や断乳を計画的にした、ちょっと苦戦したけどうまくいった、

という方のご意見を参考に卒乳の方法をまとめてみました。

 

卒乳をスムーズに導く方法の共通点は、

 

ある日突然やめさせるのではなく、

 

  1. 前もって「この日が来たらバイバイね」と約束をする
  2. 生活リズムを少しずつ整えていく
  3. 3食+おやつの食事を楽しく食べさせる
  4. 寝かしつけの儀式を授乳以外で
  5. 日中はたくさん遊んであげる

 

この5つが卒乳方法の大きなポイントです。

「スポンサードリンク」

 

 

 

では具体的にどんな方法を行ったのか?ご紹介していきましょう。

 

1. 前もって「この日が来たらバイバイね」と約束をする

  • カレンダーにシールを貼って「この日が来たらバイバイするよ」と前もって約束したところ、あきらめてくれた。
  • 「この日が来たらおっぱいがアンパンマンになっちゃうの」と伝え、おっぱいにアンパンマンを書き見せたところ「マンマン、マンマン」とおっぱいをアンパンマン扱いし欲しがらなくなった。
  • 「この日が来たら、おっぱい辛い辛いになっちゃうの」と伝え、その日が来たときに乳首にコショウ、または赤チンを塗ったところ嫌な顔をしスッパリと飲まなくなった。

 

2. 生活リズムを少しずつ整えていく

「母乳リズム」から早寝早起きや決まった時間の食事、日中の身体を使った遊びなど、保育園で行うような生活リズムに1週間ほどかけて少しずつ切り替えたところスムーズに卒乳でき、夜泣きせず寝てくれるようになった

 

4.寝かしつけの儀式を授乳以外で

  • 子守唄を歌う
  • 心音に近い音を聞かせる
  • 本を読んであげる
  • マッサージをしてあげる
  • 眠る時間帯になる前にお風呂に入るとぐっすりねてくれる
  • ハンモックなどを吊るし揺らして寝かしつけると朝までぐっすり(私の方法です)

 

などなど、「スムーズに卒乳できた」という方の大半はいろいろと工夫されている方が多いんですよ。

これから卒乳をされる方はぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

親のエゴで卒乳させても良いんです

ちなみに卒乳と断乳の違いは、

卒乳は赤ちゃんの意志によってやめる、断乳は親のエゴだとか言われていて、

断乳を否定的に言う方を見かけますが、

卒乳にしろ結局、「赤ちゃんの意志によってやめるように親がしむけている」ので、結局どちらも親のエゴではないのかな?と思います。

 

ママが育児は「こうでなければいけない、立派なママでなければいけない」などと考え、疲れ果て、緊張すると、赤ちゃんはそれを感じ取りストレスになり「いつまでも泣き止まない」ということもよくあります。

 

親のエゴで断乳、卒乳させる・・・

別に大いに結構ではないでしょうか?

 

卒乳、断乳は全ての赤ちゃんが通る道であり、いつか納得しそのことを恨んで育つ子どもは一人もいません。

 

 

ちなみに私の母は、コショウをかけ私を卒乳させたそうですが、

母親となったわたしも同じ方法で子どもを断乳させた鬼畜ママですが、それがなにか?

 

 

 

「スポンサードリンク」







-赤ちゃんと離乳食のすすめ
-,

Copyright© ひなたbokko , 2017 All Rights Reserved.