年中行事しきたりとマナー

迎え火と送り火の正式法の日時はいつ?火を焚けないマンションはどうする?

投稿日:

迎え火の日時はいつ?

 

先祖の霊が帰ってくるのは、13日の夕刻といわれています。(地域によって異なります)

そのため、近くにお墓がある場合は昼のあいだに掃除と墓参りをすませ、

とくに時間は決まっていませんが、

夕方になったら霊が道に迷わないよう、庭先や玄関前で迎え火を焚きます。

松を燃やすのが正式?それとも麻幹?

迎え火は、焙烙(ほうらく)と呼ばれる素焼きの皿の上に、

麻の茎を乾燥させた麻幹(おがら:麻の茎の皮をむいたもの)を井の字型に組んで燃やすというのが正式な方法なんだそうな。

麻幹を燃やすとその煙に乗って先祖がやってくるんですね。

 

私の地域では松を燃やすのが当たり前でまさか麻幹が正式だとは思いもしませんでした。

迎え火と送り火、またぐのはどっち?

また、この迎え火をまたぐと、厄よけになるといわれています。

火を拝み外から内へまたぐようにして入る風習もあります。

 

火を焚くのが難しい場合は、

菩堤寺や墓前で盆提灯に火を灯し持ち帰って飾ります。

 

お盆は本来、餓鬼道に落ちた人を救うための供養なので、14日はそうめん、15日はもちや白玉団子などを供えて、ごちそうを絶やさないようにします。

また、15日には僧侶を招いて読経してもらうなど、先祖を供養します。

お盆のあいだは室内に盆堤灯を飾り、火を灯します。

お盆の由来:

お盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)の略で、語源は古代インドの言葉(サンスクリット語)の「ウラバンナ」からきており、「逆さ吊りにされて苦しんでいる」という意味です。

「スポンサードリンク」

お釈迦様の弟子である目連が死んだ母親が餓鬼道に落ちて苦しんでいるのを、お釈迦様の教えに従って7月15日に供養して救った故事が始まりとされています。

これが日本に伝わったと考えられています。

 

送り火の正式法

15日の夕方か16日の早朝には、

迎え火と同じ場所で送り火を麻幹で焚いて霊の帰り道を照らし、先祖が無事あの世に帰れるように祈ります。

地域によっては、供物を盆船に海や川に流す「精霊流し」が行われます。

精霊流しの一種である「灯籠流し」は、灯籠にろうそくの火を灯して川や海に流します。

この灯籠に乗って、精霊はあの世に帰っていくとされています。

 

 

さて、ここまでの説明は全て正式ですが、

マンションなどに住んでいる方の場合、迎え火や送り火を焚くことは出来ませんよね?

そこでみんなどのようなことをされているのか?ちょっとリサーチをしてみました。

 

迎え火や送り火を焚くのが難しいマンションではどうする?

 

先に少しだけ述べましたが、

迎え火や送り火を焚くのが難しい場合、

菩堤寺や墓前で盆提灯に火を灯し持ち帰って飾る、ということをされている方も多いようです。

 

また、仏壇がある場合は、

お墓で火を焚いて、ご先祖様を呼び寄せ、

その火から提灯に火を移して、その提灯を家に持って帰って、

ちょうちんから仏壇のろうそくに火を移して、

その火から線香に火をつけて、家に連れて帰る、

送り火はこの逆を行います。

地域によってはこちらのやり方を行う風習があるようです。

 

また、火は灯せないからと、お線香だけをベランダで焚く人も。

 

心さえあればどのような方法でもよいのかもしれませんね。

「スポンサードリンク」







-年中行事しきたりとマナー
-, ,

Copyright© ひなたbokko , 2017 All Rights Reserved.