アウトドアのススメ

バーベキューで女性でも炭に着火できる火起こし方法とコツ|道具はライターだけ!

更新日:

バーベキューにいき火をサッと起こせる男性のドヤ顔見るとイラっとするのは私だけ?rttda

普通は「かっこいい〜」なんて思うんだろうけど、

実は 私は「火起こし」がめちゃくちゃ得意っ。

 

というのも私の父が大のキャンプやアウトドアが好きで、

私も幼い頃、よく火起こしをさせてもらっていたのです。

キャンプやバーベキューには”ライターと新聞紙、うちわ さえ”あれば火を起こせてしまう。

 

夫はさらに私の上をいき、

ライターやマッチすら使わず火を起こせる強者で

縄文時代が突然、訪れても生きていけるのでは?と本気で思える。

 

私がこんな感じだから、

火をサッとつけられる男性であれば、

「ほう、ちょっとは骨のある男性もいるもんだ」(上から目線でw)

と思うぐらいで・・・。

 

でも、サッと火を起こせる男性でも、

たとえば着火剤やオイル、バーナーだとか ”やたらアウトドアのグッズを駆使し火を起こす男性”がドヤ顔した時なんかにはもう萎えてしまう。

 

そんな全く可愛気のない私がライターとウチワを使った火起こしの方法とコツを伝授します!

 

火起こしの初期段階は速やかに熾き火を作るがコツ

バーベキューでも、キャンプファイアーでもどんな場面でもそうなんだけど、

火を起こし始めた最初の段階は、

早めに熾き火(おきび)を作ることが安定して着火させるためのコツです。

 

熾き火ってなに?:

熾き火(おきび)とは、炭や木を燃やしていると”炎は出ないけど真っ赤になって熱くなっている部分”のこと。見たことがあるでしょう?

Unknown

火起こしの失敗の原因は熾き火を作ろうとしないから

火をなかなか起こせない方のほとんどの原因は、

  • を作り出そうとして燃えやすい紙や着火剤、オイルばかりを投入している」ことが多いように感じています。

燃えやすいものばかりを投入し、 を作り上げても炭は一向に着火しないんです。

しかも、紙やオイルなどは、燃えやすいがためにすぐ燃え尽き、消えてしまいます。

いつだったか「おれはアウトドアの達人だ。」みたいなことを言って、

火起こしグッズをやたらたくさん使っても全く火を起こせない男の人がいました。(2時間かかっても結局失敗!)

しかも、着火剤だのオイルだの散々炭の上から撒いていた。

「あ〜あ、こんなんじゃぁ着火剤やオイルが燃えるだけで炭に火なんか付けれないよ〜」と思いながらもその男性のメンツを潰さないように黙ってたんだけど。

終いには火がつかないのを炭やグッズのせいにしていた。

本当に情けな過ぎる・・・。

 

火起こし上手な人は熾き火を早めに作る

ところが熾き火であれば、火はなかなか消えませんよね?

火起こしの達人さんは

  • 燃えやすいものばかりを投入せず、頃合いを見て早めに乾いた太めの枝や薪を炎に投入し、熾き火を作るのです。だって熾き火は燃えやすい紙などを燃やしても作れませんよね?

長持ちする熾き火さえ作ってしまえば、

火がつきにくい湿った枝や薪を後から投入しても、徐々に乾き火がつくのです。

 

また、炭は薪などと比べると火が着きにくく、備長炭であればなおさらのこと。

だからこそ火が長持ちする”熾き火”を木の枝や細めの薪を燃やし作る必要があるのです。

 

 

バーナーを使うなら炭ではなくまず薪に火をつけてその上に炭を

私個人の意見なんだけど、

オイルや灯油、着火剤をまき散らし火をつける人を見かけるけど、

こんな火の付け方は何も知らない女性から見てもちょっと外道ではないかと思う。

 

ハッキリ言ってこんなのアウトドアでもなんでもないし、

資源の無駄なのでは?

 

そして、バーナーの使い方もなっていないと思う。

バーナーで炭に直接火をつけようとする人もいるけど、

この方法はガスをやたら使うわりにはなかなか火がつかないのです。

とくに備長炭であればなおさらつきにくくなります。

だからバーナーを使う場合もやっぱりまずは熾き火をつくることを念頭に置きます。

 

この場合、木の枝や薪をその辺から拾って来てそれにバーナーで火をつけることで簡単に熾き火を作ることが出来ます。

そして、熾き火ができたらさらにその上にもう一度、枝や薪を交差するように乗っけて炎が上がりだしたら炭をその上に乗せると簡単につきます。

 

勢いよく炎が上がりだすとウチワや火吹き竹などを使わなくても、対流によって周りの空気を勝手に取り込んでいくようになるので、どんどん燃え始め好循環になっていきます。

「スポンサードリンク」

 

さて、ここまでの説明で、火を起こす最大のコツは”熾き火をいかに早く作り出すか?に掛かっている”ということは分かってもらえましたよね?

 

熾き火さえ早く作ることが出来たら、

あとは炭を上に乗せ、ウチワで仰ぐだけです。

 

では、これらのことを念頭に置いて、基本的な火起こしの方法を説明していきます。

 

 

実際の火起こし方法:

1:石で掘りを造り、

新聞紙1〜2枚ほど雑に丸めます。

 

IMG_2378

 

 

 

2:今回は、「よく乾いた落ち葉」が周りにたくさんあったので、

新聞紙の上に多めに置いてみました。

IMG_2379

 

 

 

3:次に周囲に落ちていた木の枝を交差させるように、置きます。

出来るだけ乾いた細い枝を選びましょう。

 

IMG_2384

 

 

 

4:ここまで準備出来たらいよいよライターで着火させます。

2〜3カ所火をつけまんべんなく付けます。

 

IMG_2387

 

 

5:新聞紙に火をつけたら、落ち葉がジワジワ燃えていきますが、

ある程度、火が着きだしたら勢いを増すためにウチワで煽いでみます。

上手くいけばこの時点で勢いよく燃えだし、枝も燃えだします。

上記で触れた”熾き火”が出来始めます。

IMG_2402

 

 

6:熾き火が少しでも出来たらしばらくウチワを熾き火に向けて勢いよく煽ぎましょう。

火が回り始め、熾き火がどんどん出来上がります。

熾き火が出来上がり、火が消えにくくなったらここで初めて”炭”を入れましょう。

 

IMG_2391

 

 

 

7:ウチワで煽ぎながら、”熾き火から火が出ている箇所にどんどん炭を置きます。

IMG_2398

 

 

ある程度、炭を置いたらウチワを勢いよく煽ぎます。

どんどん熾き火も増えていき、ここまでくれば何をやっても火は消えることはないでしょう。

IMG_2368

 

 

あとは、火が消えないよう時々、炭を追加するだけで大丈夫です。

 

IMG_2371

 

 

 

 

「スポンサードリンク」







-アウトドアのススメ
-,

Copyright© ひなたbokko , 2017 All Rights Reserved.