赤ちゃんの下痢をあまく見ないで!見分け方と症状、対策

赤ちゃんが高熱のあと下痢をし発疹が出たけどこれは何の病気?

更新日:

 

こうした症状は3ヶ月から1歳ごろまでに赤ちゃんに良くみられるもので、

「突発性発疹」が考えられます。

 

突発性発疹の場合、

高熱が3~4日続いたあと発疹が出ます。

 

赤ちゃんの突発性発疹の具体的な症状とは?

3ヶ月~1歳頃の赤ちゃんに良くみられる症状で、

ヒトヘルペスウイルス6型、7型の感染が原因で起こります。

 

突然38~39℃の高熱が出て、

3~4日続き、

軽い下痢やせきなどの症状を伴うこともあります。

特徴としては、

高熱のわりに食欲があって、機嫌が良いといった感じです。

 

熱が下がってから、大抵24時間以内に赤い発疹がお腹や胸から出て、

前進に広がりますが、2~3日で消えていきます。

 

ですので、ほとんどの場合、特別な治療はなくても自然になおります。

「スポンサードリンク」

 

ただし、ごくまれに急性脳症や高熱によって熱性けいれんの引き金となったりすることもありますので、

痙攣や意識状態が悪いときは受診が必要です。

 

ご自宅で突発性発疹のケアをするときの注意点は?

 

突発性発疹は、

熱が下がって発疹が出るまで、「突発性発疹」と判断することが出来ません。

 

ですので、対症療法やご自宅でのケアが中心となります。

 

気を付けなければいけないことは、高温とともに下痢を伴うこともあるため、

「脱水症状」にならないように、水分補給に努めます。

脱水症状の水分補給方法はこちら

 

熱があっても機嫌が良ければ、ほとんどの場合自然になおります。

 

ただ、4~5日たっても熱が下がらないときは、ほかの病気かもしれませんので再受診しましょうね。

 

 

 

「スポンサードリンク」







-赤ちゃんの下痢をあまく見ないで!見分け方と症状、対策
-, ,

Copyright© ひなたbokko , 2017 All Rights Reserved.