旅行やお祭り、花火大会をかしこく行っちゃいましょう♪

なにわ淀川花火大会の観覧場所や混雑時間は?雨の時は?チケットは?2015は過去最大!

更新日:

2015年のなにわ淀川花火大会は、ひなたぼっこ

去年の台風の影響で中止になった分、今年は例年にないほどの”過去最大級”の演出で展開するんだとか。

 

しかも、打ち上げ号数10号が17年ぶりに復活!

さらに2015年の打ち上げ発数は非公開とのこと(去年中止の花火が残ってる?)

 

これはもう絶対行くしかないっ!ですよね

 

去年は下調べもなにもなく行き当たりばったりで、

危うくわずか4000発しか打ち上げられない”天神祭奉納花火”に泣かされるところだったけど、今年は徹底的にリサーチ。

 

ついでにリサーチした内容をここに掲載し、

当日、iPhoneでこのページを見ながら攻略していこうかな。

でも、私的な目的のページにならないよう役立つ情報を発信しますよ〜。

ただし、ここの掲載情報は変更になることも考えられますし、

とくに今年は例年とは違う規模での打ち上げですから、

事前に公式ホームページなどでご確認くださいね。

 

 

では、まずは打ち上げ場所。

打ち上げ場所が分からなければ、まずなにも始まりませんよね?

 

なにわ淀川花火大会の打ち上げ場所や日時は?天気が悪い時は?

クリックすると拡大します

 

なにわ淀川花火大会

次に打ち上げ時間です。

 

打ち上げ日時は?雨のときは中止になるの?

打ち上げ日は、

8月8日(土曜日)

 

打ち上げ時間は、

19:50〜20:40

です。

 

雨天は打ち上げますが、荒天の場合は中止です。

具体的には、落雷や激しい大雨、強風がなければ決行になります。

2014年は台風のため中止になりましたが、例年だとよっぽどの悪天候にならない限りは開催されております。

また、中止になった場合の期日を延長しての開催はありません。

 

さて、つぎは観覧場所です。

 

観覧できる場所は?

下記図の緑色になっているところが観覧出来る場所です。

 

 

なにわ淀川花火大会観覧場所

 

(出典:なにわ淀川花火大会会場案内図)

花火大会観覧場所

これだけだと観覧場所の状況とかよく分からないので、

Google earth なんかを利用すると良いかもしれません。(➡は梅田会場辺り)

花火を観覧出来る3つの主な場所と最寄り駅〜観覧会場までの混雑状況は?

花火を満喫できる主な観覧場所は

  • 十三会場エリア(塚本エリア)
  • 中央階段エリア
  • 梅田会場エリア

の3つです。

「スポンサードリンク」

いずれも河川敷にあります。

屋台が軒を連ねるエリアは、淀川河川公園辺り。

 

 

 

会場の最寄り駅は、

  • JR大阪駅:混雑度4
  • JR海老江駅:混雑度2
  • 阪神姫島駅:混雑度2
  • 地下鉄西中島南方駅:混雑度2
  • 地下鉄野田阪神駅:混雑度2
  • 阪急十三駅:混雑度5
  • 阪急南方駅:混雑度3
  • 阪急梅田駅:混雑度4
  • JR塚本駅:混雑度5

花火観覧や駅の場所

 

 

 

 

16時に阪急十三駅を出て十三会場エリア(塚本エリア)に辿り着くまでの混雑状況

十三会場エリアは阪急十三駅から近いこともあって、このエリアは混雑は必至です!

また、阪急十三駅JR塚本駅は毎年例外なくNo.1の込み具合です。

ここでの情報は”夏ぴあ”を参考にしてみました。

 

  • 阪急十三駅 〜:当日は臨時改札も設置され、15時頃から混雑し始めます。
  • 〜駅前商店街〜 :16時頃ならまだスムーズに歩ける。17時を過ぎると混雑しなかなか前に進めなくなる。
  • 〜十三会場 :16時半頃辿り着いた場合、無料の観覧スペースは既に満席状態。有料スペースだとまだ、まばら。会場には当日券販売も設置されているのでゲットし、有料スペースに行った方が良いかも。

 

16時にJR塚本駅を出て塚本〜中央階段エリアに辿り着くまでの混雑状況

十三エリアよりは混雑はマシ。西側に行けば17時頃でも観覧場所には余裕があるんだとか。

 

 

  • JR塚本駅 〜:16時頃から混雑。
  • 〜会場近くの通り〜:16時頃ならスムーズに歩ける。各ポイントに案内表示もあり迷わず会場へ辿り着けるそう。
  • 〜中央階段(会場入り口):17:30の時点ではJR神戸線より東側は混雑。西側なら人がまだら。

 

 

梅田会場エリア16時の時点でも混雑してる!でも最寄り駅は多いので会場まではすんなり

JR大阪駅や各線梅田駅をはじめ、

野田駅や海老江駅からも梅田会場へ行くことができるため、

北側の十三会場などの最寄り駅と比べると混雑は緩やか。

 

梅田駅から会場までは20分程度。

会場近くには屋台も並び祭り気分になれるみたい。

 

ただし、交通が便利なため17時の時点で河川敷も堤防の上も観覧客でギッシリ。

ただ、西側だと比較的空いてはいるようですが、すんなり辿り着けるかは分かりません・・・。

西側へ行こうと移動する人もたくさんいるようですので、

上手くその流れに乗っていくと良いかも。

 

 

と以上のように16〜17時の時点で会場に着いても、

無料観覧場所は既に満員状態。

でも、この時間帯なら会場へ辿り着くまでは混雑は避けれそうです。(今年は大規模なので分かりませんが)

 

仮設トイレは充実してるの?

仮設トイレはあるにはあるんですけど、

毎年、長者の列となっているようです。

トイレが近くなってしまうので水分のとりすぎには注意?

 

協賛観覧席チケットの値段は?当日は手に入るの?

チケットの販売は既に6月1日から発売開始でした!

有料席のレフトスタンド−1は今日(7月6日)に公式サイトの覗いてみたけどすでに売り切れてました。

でもまだまだ席は空いているようなので、早めにゲットしておいて下さいね。

 

当日券などの情報もこちらで確認出来ます。

 

 

協賛

 

 

「スポンサードリンク」







-旅行やお祭り、花火大会をかしこく行っちゃいましょう♪
-,

Copyright© ひなたbokko , 2017 All Rights Reserved.