未分類

洗濯槽の黒カビが取りきれない!始めっからこれ使っとけば良かった〜。

更新日:

酸素漂白剤では洗濯槽の黒カビを取りきれない!?

そろそろ沖縄も梅雨入りになっちゃいますね〜。

この時期に困るのは”洗濯物の衛生的な面”ではないでしょうか?

 

で、洗濯槽の黒カビを除去するためにメディアなどに度々取り上げられる酸素漂白剤や重曹などを使われる方も多いかと思うのです。

 

でもこの方法、

これで洗濯槽にこびりついた黒カビをワカメのごとく剥がすことは間違いなくできるのですが

この方法だと後々に困ることがあるのです。

 

それはワカメ(黒カビ)が洗濯槽からなかなか流れず、ずっと残ってしまうのです。

 

こんにゃくを作るときにアルカリ性の水酸化ナトリウムや木灰をつかって凝固させますが、

洗濯槽にアルカリ性の酸素漂白剤や重曹を使ってしまうと、こんにゃくを作るときと同じ作用で、

黒カビの塊を凝固させ洗濯槽から剥がれるんですが、流れにくくなる、という悲惨な結果になってしまいます。

「スポンサードリンク」

 

 

ですからアルカリ性のものを使うと凝固させてしまいますので、

酸性の塩素系をつかって溶かす方が無難です。

 

「ええ?!でも市販の塩素漂白剤使っても洗濯槽の黒カビ全然落ちなかったよ」

 

と思われるかもしれません。

 

その通りです。

確かに市販の塩素系漂白剤をつかっても黒カビは落ちません。

 

でもそれは市販の塩素漂白剤は塩素濃度が低いからなのです。

 

塩素濃度が高ければ黒カビをごっそりと溶かして、

2〜3回程すすぐと後は黒カビともおさらば出来ます。

 

 

 

では、この塩素濃度の高い漂白剤をどこで手に入れることが出来るかと言いますと、

 

じつは洗濯機の各メーカーにて購入することが出来るのです。

 

 

また楽天でも”東芝 洗濯槽クリーナー(洗濯槽のかび取り用洗浄液) T-W1”で検索されると見つけることが出来ます。

 

 

「スポンサードリンク」







-未分類
-

Copyright© ひなたbokko , 2017 All Rights Reserved.