赤ちゃんから子供の年中行事と風習パーフェクトガイド

初誕生日に行う選び取りのやり方

更新日:

初誕生祝いには選び取りで将来を占うのも面白いかも!

初誕生日には子供の将来を占う”選び取り”とも言われる儀式なるものをおこなったりします。

昔から男の子の前には前には

筆、そろばん、すずり

 

女の子の前には

糸、針、ものさし

 

を置いて、どれを摂るかによって将来どんな人になるか、

どんな職業に就くかを占う風習があります。

でも、選び取りは地方によっては、赤ちゃんの前に並べる物も違い、

お金や米など並べる品は違います。

とくにこうしなければいけないという決まり事はないようですので、

色々と試してみると面白いかもしれませんね。

 

百聞は一見にしかず、

 

最近では、選びとりのカードも販売されているようです。

 

 

初誕生は餅誕生とも言われる所以

古くから「立ち餅」、「占い餅」と呼ばれる一升餅を使うしきたりを行う風習がありますが、

この一升は「一生」に通じ、一生食べ物に困らないようにという願いが込められています。

 

初誕生日には立ち餅と呼ばれるしきたりが

立ち餅は、餅踏み、踏み餅とも呼ばれ、

餅を大地に見立てて、しっかりと地に足をつけて

この先の人生を力強く歩んでいってほしいとの願いを込めて、

赤ちゃんに餅を踏ませます。

地方によっては赤ちゃんにわらじをはかせ、踏ませるところもあるようです。

「スポンサードリンク」

 

初誕生日には力餅もやってみましょう

昔は1歳の誕生日までに歩けるようになると

将来、家を離れていってしまうという迷信がありました。

そこで、わざと思い餅を背負わせて転ばせるようにし、

子供が転ぶと遠く離れていかない、と喜んでいたそうな・・・。(ちょっとむごい・・・)

 

でも、転ばなければそれはそれで喜んでいたそうです。

転ばなければ、「力強い子」だとし、喜んでいたのです。

どっちに転んでも、強いのは親の方かも・・・。

 

祝い餅の入手先は?

祝い餅は、本来なら家で餅をついて作りますが、

一升分の餅ですから、結構大きいもちなんです。

なかなか作ることが難しいので、和菓子屋さんへいって

「1歳の初誕生日用の祝い餅」といえば、ほとんどのお店で作ってくれます。

でも、なるべく注文は早めにしときましょうね。

 

初誕生日にお祝いを贈りたいけど・・・

  • 贈る時期はいつごろ?

初誕生日の当日までに送りましょう。

お祝いの席に出席するときは当日持参でもOKです。

 

  • 表書きにはなんて書く?

・初誕生祝

・祝初誕生日

・御誕生日祝福

・御祝

のいずれかを書きましょう。

 

  • 水引は?

紅白蝶結び

 

  • 御祝金額の相場は?

祖父母の場合:1万円~2万円

親戚:3000円~1万円

友人・知人:3000円~1万円

 

  • お祝いに適した品は?

記念に残るような、写真立などが良いと思います。

この時期は赤ちゃんもどんどん成長して、

サイズが合わなくなるのが早いため、服や靴などの実用品でもうれしいですね。

「スポンサードリンク」







-赤ちゃんから子供の年中行事と風習パーフェクトガイド
-, ,

Copyright© ひなたbokko , 2017 All Rights Reserved.