年中行事しきたりとマナー

ちょっとややこしい喪中はがきの簡単ルール

投稿日:

喪中のルールはわかりにくく、でも間違えれないものですね。
ここで、

  • 喪中を出す相手
  • 喪中の投函時期

について簡単にルールを確認しましょう。

そもそも喪中(喪中はがき)とは、

1年以内に近親者に不幸があったとき、新年を祝う年賀状の交換を辞退する旨を伝える書状です。
前もって『私には今年不幸なことがあったので、年賀状はやめておきます』
というものですね。
一般的に、忌明けまでの期間を『忌中』、
死後の一年間を『喪中』と言うようです。
基本的に喪中のご自宅では年賀状だけでなく、祝い事全般を慎み、正月行事も行わないのが通常です。
いろいろとしきたりがあるんですね。

「スポンサードリンク」

喪中を出す相手

ではこの喪中はどういった時期に、どういった方々に出すのでしょうか?
・平年、年賀状を交換している人全員
(普段から懇意にしている方々ということですね)
・親兄弟、親族等には出さない
・故人と自分との続柄や、故人と喪中はがきを送る相手との関係を考慮し、必要と思われる範囲に出す

故人のことを思い浮かべて、どういった方々へ送ると故人が喜ぶのかをイメージすることも大切ということですね。

喪中の投函時期

喪中はがきは、年賀状の交換ができない旨を伝えるものなので、
相手が年賀状を用意し出す11月中頃〜12月初めに届けるのがいいようです。
相手が年賀状を投函した後に喪中はがきが届くような失礼なことは絶対ないようにしましょう!

タイミングを間違えると大変なことになってしまうので、
ぜひこの機会に参考にしてください。

「スポンサードリンク」







-年中行事しきたりとマナー

Copyright© ひなたbokko , 2017 All Rights Reserved.